20代の若い世代で増えている若ハゲ

AGA(男性型脱毛症)は30代過ぎてから悩まされる人が増えてきますが、若ハゲは早い人では10代の後半から20代にかけて薄毛の症状が出てくる症状で、若年性脱毛症とも言われています。

若ハゲを起こす原因は様々ですが、AGAを起こす男性ホルモンがこの世代から作られてしまうこと、また生活習慣の乱れや病気の場合も考えられます。

AGAと若ハゲの違いはいくつかあります。
AGAは主に前頭部や頭頂部の抜け毛から始まりますが、若ハゲは一部だけ抜け落ちてしまう症状もあるようです。

またAGAの治療は根気よく続ける必要があり、治療を始める年齢が高くなると治るまでの時間もかかると言われています。

しかし若ハゲは対策することで症状が改善する(もしくは治る)可能性が高いです。
若い世代は暴飲暴食をしてしまったり、睡眠が少なくても大丈夫など生活習慣が乱れることもありますので思い当たる点がある場合、まずは見直すことが重要です。

また日々の忙しさからついついシャンプーをサボってしまったり、朝シャンで済ませてしまうこともあります。

薄毛の症状が出てきた場合、シャンプーし過ぎもよくありませんが一日に1回、できれば一日の汚れを落とすために夜の入浴時に行うことが望ましいです。

朝シャンは入念にできずに汚れを落としきれないため、寝ぐせを直す程度に行いましょう。
そしてこのように対策をしても症状が改善しない場合は早めにできるだけ病院に相談することをおすすめします。

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ