アルコールと若ハゲ

若ハゲの原因にはいくつかがありますが、特に見落とされがちなのが「アルコール」という存在です。

日ごろのストレスを発散するために晩酌をするということは、頭髪の成長を阻害するストレスの軽減を期待できますから、適量であれば若ハゲになるどころか、若ハゲの予防に繋がるでしょう。

ただこれはあくまでも「お酒を飲むことが好きだ」という人のみの話であり、元々お酒が苦手な人などの場合は、逆にストレスをためてしまうために悪い影響を与えてしまいます。

こうしたメンタル面以外にも、アルコールの「過剰摂取」は若ハゲの原因になることがあるのです。
ではどうしてアルコールが原因になるのかと言うと、これはアルコールが体で分解されていく過程が関係しています。

アルコールは体に入ってきた後「毒性のある物質」として肝臓で処理がされ、アセトアルデヒドに変換された後に酢酸へ分解されていきます。

しかし肝臓の処理能力は無限ではなく有限なものであるために、アルコールが過剰に摂取された場合、アセトアルデヒドに変換した後の分解が間に合わないことがあるのです。

分解が間に合わなくなるとアセトアルデヒドは血液といっしょに体内をめぐるようになり、その中で「DHT」と呼ばれるホルモンを増加させていくこととなります。

このDHTが頭髪の毛乳頭細胞と呼ばれる部分にある受容体に結合をしてしまうとそこでは発毛・成長が阻害されるようになってしまいますから、結果として若ハゲの原因となってしまうのです。

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ